総量規制対象外カードローン【キャッシングは消費者金融と銀行どっち?】

審子ちゃん審子ちゃん

総量規制対象外のカードローンといいますと、限度額の高い所ばかりに目がいってしまうかもしれませんが、実は少額融資であればあえて、総量規制対象外にこだわらなくてもいいかもしれません。
では、どういった場合にどのカードローンをえらぶべきなのか?そして総量規制の対象になっていると思い込まれているローンなどについてもご紹介しますね。

ご紹介メニュー

総量規制対象外とは

対象?対象外?

審子ちゃん審子ちゃん

まずは、そもそも総量規制ってなんなの?総量規制対象外ってなんなの?ということからお話したいと思います。

総量規制について

総量規制とは2010年の6月に改正された賃金行法で
簡単に言いますと
「年収の3分の1以上の借入ができなくなった」
ということになります。

身の丈以上の借入を行うことによって苦しい思いをしている人が増えないようにするルールですから私は、よいことだと思っています。

年収の3分の1というのは
例えば年収が300万円の場合
・他社からの借入なしの場合→300万円の3分の1である100万円まで可能
・他社から20万円借入がある場合→100万円から20万円を引いた80万円まで可能
ということになりますので他社から借入がある場合は注意してくださいね。

消費者金融は総量規制対象外なの?

男性A

審子ちゃん、プロミスやアコム、モビットは総量規制の対象外じゃないの?

審子ちゃん審子ちゃん

よくこのようなことを聞かれるのですが
消費者金融は総量規制の対象となっております。
ですから、
他社からの借入がない場合でも年収の3分の1まで、
他社から借入がある場合には年収の3分の1から他社借入額を引いた金額までしか申し込みできません。

ただし、この下の「銀行カードローンがベストなの?」でも書いてあるように消費者金融に申し込みしたほうがいいタイプの方もいるのは事実です。

専業主婦と総量規制

旦那さんに内緒で借りられる?

男性B

審子ちゃん、うちの奥さんのように働いてない主婦の場合でも借り入れってできるの?

審子ちゃん審子ちゃん

専業主婦の場合、奥様自身に収入がないということになるので普通に考えたら借入はできないと考えますよね。
たしかに消費者金融の場合、アルバイトやパートなどで安定した収入がある主婦なら申し込み可能なのですが、専業主婦は申し込みできません。
でも、総量規制対象外の銀行カードローンの場合、配偶者に安定した収入があれば申し込み可能なんです!

借入できる金額など制限が付いているところもありますが、銀行カードローンなら収入証明書が不要になる金額もかなり大きいので旦那さんに内緒で借入を行うということも可能かもしれませんよ!

総量規制対象外カードローンのQ&A

Q&A

クレジットカードやマイホーム、マイカーローンは?

総量規制は他社からの借入がある場合は対象になるということをお話しましたが、
クレジットカードのショッピング枠や
家のローン(マイホームローン)
車のローン(マイカーローン)
などはどうなのでしょうか?

実際、これらのローンを組んでいるという方は少なくないと思いますが、
実はクレジットカードのショッピング枠やマイホームローン、マイカーローンに関しては総量規制の対象外となります。

審子ちゃん審子ちゃん

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は対象となりますから気をつけてくださいね。

銀行カードローンがベストなの?

銀行カードローンは総量規制の対象外だし、金利も低いし、
だったら銀行カードローンに決まりでしょ!
っていう結論を持たれる方も多いかもしれません。

もちろん、低金利で安心できる大手の銀行カードローンは私もおすすめです。

でもですね、
もし以下のような方がいた場合には必ずしも銀行カードローンはおすすめではありません。

    ・50万円以下でいい
    ・即日融資を希望している

・50万円以下でいい
たまに、、ではなく、結構多いのが、少額融資を希望しているのに総量規制のことを心配している人です。
総量規制とは年収の3分の1以上借り入れできないということなのですから、年収が150万円以上あれば50万円以下の融資というのは可能になりますので、下にも書いていますが、銀行カードローンよりもスピーディーな利用が可能な消費者金融をおすすめします。

・即日融資を希望している
実は銀行カードローンには消費者金融が保証会社となっていることが多いんですね。
ですから、銀行カードローンに申し込みすると銀行はもちろん、消費者金融からも審査を受けなくてはいけないというわけなんです。

消費者金融の場合:
申し込み→消費者金融の審査
銀行カードローンの場合:
申し込み→銀行の審査→消費者金融の審査

こういった場合には、銀行カードローンよりもスピーディーな大手消費者金融のカードローンに申し込みした方が希望通りになる確率が増えますよ。

ページの先頭へ

口座開設の流れ