収入証明書不要カードローン【キャッシングサービス比較一覧】

審子ちゃん審子ちゃん

大手消費者金融、銀行カードローンにかかわらず、各社から収入証明書不要のカードローンという文字を目にすることが多くなってきたのではないでしょうか?
まずは下の表をご覧くださいませ。

カードローン名 収入証明書不要額
プロミス 50万円
アイフル 50万円
モビット 50万円
アコム 50万円
バンクイック 100万円
みずほ銀行カードローン 200万円

この表を見ますと消費者金融では50万円となっているのに対して、銀行カードローンの場合は収入証明書不要額が違っていることに気付くと思います。

一見しただけでは収入証明書不要額が大きいカードローンが目立ってしまうと思います。
でも、人によっては収入証明書不要額が大きければ大きいほど良いというわけではないかもしれません。
その理由とは何でしょうか?

ご紹介メニュー

収入証明書不要のカードローンとは

収入証明書がいらないカードローン

キャッシングをする場合、基本的には年収を証明する書類が必要になるのですがカードローンによっては収入証明書不要で借入可能なところもあり、最近ではそういった収入証明書のいらないカードローンがかなり人気なようですね。

・収入証明書不要のカードローン
現在、銀行カードローンの多くが希望融資額によっては収入証明書が不要で申し込み可能となっています。
その金額は100万円から300万円までというのが多くなっていますね。

そのほか、消費者金融でも以下の場合であれば収入証明書は不要になるんです。

(1)どこからも借入がない場合、50万円までは収入証明書不要
(2)他社から借入がある場合、100万円から他社からの借入合計金額を引いた希望額なら収入証明書不要

・消費者金融ではこんな場合は収入証明書が必要

(1)初めての借入でも希望額が50万円を超える時
(2)他社からの借入合計金額と希望額を足して100万円を超える時

収入証明書不要カードローンの選び方

選び方

希望額を50万円以下にするのがおすすめな理由

ご紹介した通り、収入証明書が不要になるのは
(1)銀行カードローン(希望額100万円〜300万円が多い)
(2)消費者金融(他社からの借入がない場合50万円まで)
(3)消費者金融(100万円-他社の借入合計金額まで)
ということになります。

審子ちゃん審子ちゃん

「だったら、やっぱ銀行カードローンでしょ!」
と考えてしまう方は少なくないと思いますが
私だったら銀行カードローン、消費者金融に関わらず、希望額を50万円以下にすることをおすすめします。

男性B

どうして希望融資額を50万円以下にしたほうがいいの?

すでにご紹介した通り、他社からの借入がなければ50万円以下なら消費者金融でも銀行カードローンでも収入証明が不要になります。
それに通常は初回からいきなり高額が融資されることはないと思ったほうがいいからです。

審子ちゃん審子ちゃん

私には某銀行カードローンのオペレーターをやっていた友達がいるのですが、
「基本は100万円以下。それ以上は相当年収が高い方。」
と言っていましたよ。

まずはそもそも審査に通らないと意味はありませんから、
できるだけ少額での希望額をおすすめします!

収入証明書不要カードローンQ&A

Q&A

収入証明書として認められるもの一覧を教えて

審子ちゃん審子ちゃん

こちらが収入証明書類一覧になります。
収入証明書類一覧

収入証明書と認められるものといえば、
やっぱり源泉徴収票や給与の支払い明細書、いわゆる給料明細ですね。
そのほかにも確定申告をしている方であれば確定申告書。
そして自分でお仕事(事業主として)をされている方は青色申告決算書や納税通知書、所得証明書や収支内訳書などがありますね。
年金受給者の方は年金証書や年金通知書なども収入証明書になるようですが、カードローンによって違うかもしれません。

まあ、こういったものを用意するのが大変だから
という意味もあって
収入証明書不要カードローンが人気なのかもしれませんですが。。

収入証明書不要カードローンなのに収入証明書が必要になる時って?

ここまで収入証明書不要のカードローンについてご紹介してきましたが、収入証明書不要なのに必要になる、いわゆる「例外」があるので、そのことについて書きたいと思います。

消費者金融、銀行カードローンに関わらず、カードローンの審査の状況によっては収入証明書が必要になる場合があります。

こういったことについては各カードローンは明記していないと思いますが、
要するに「うん?」って思うようなことがあったときですよね。

審子ちゃん審子ちゃん

だから絶対に嘘は書いちゃダメですよ!
そしてカードローンの審査に通った後でもお仕事先や住所が変わったら速やかに申告することが大事です。

ページの先頭へ

口座開設の流れ